Keymap : Symbolic

一般的なキーボードのキー配列では、記号やファンクションキーが遠い位置に集中してしまっています。そのため私たちはキーボードによるこれらのキー入力において困難な姿勢を強いられ続けていました。
Symbolic という名前が示すとおり、このキーマップでは複数の修飾キーを用いて、 1.遠い位置にある記号の入力を簡便にすること、 2. 4x12 配列でフルサイズキーボード並のキー入力に対応すること、3. 覚えやすい配置にすること 4. 既に存在しているショートカットの組み合わせをなるべく阻害しないことを目指しています。